肌老化を予防しハリ肌へ

肌老化の原因と予防法をお伝えします。ハリ肌で若返りましょう。
MENU

肌老化の3つの原因とは?

若い時は肌にハリもツヤもあって、多少のことでもダメージがあまり
出てこない潤いのある肌でした。しかし、年を重ねると共にどんどん
肌トラブルに悩みませんか?それを肌老化と言います。

 

年を重ねれば、体も肌も衰退していきます。
でもだからといって諦めるのではなく、どうしたら肌老化を防ぐことができるのか。
まず肌老化には具体的に何があげられるのか紹介します。

 

・シミ
・シワ
・くすみ
・たるみ

 

以上は肌老化が主に見てわかりやすい悩みです。

 

肌老化になる大体の原因は3つにあります。

 

・コラーゲンの数が減る
体の筋肉や骨、皮膚など体中にあり、たんぱく質の一種です。
肌の仕組みは表皮・真皮・皮下組織と3層になっています。
真皮は主に肌にとても重要な層です。

 

表皮の下に真皮があり、70%程度のコラーゲンで真皮が構成されています。
コラーゲンを束ねるエラスチンがあり、空いている部分をヒアルロン酸が
つないでいます。この3つの成分が肌にハリや潤いを与えています。

 

コラーゲンは線維芽細胞が作っていますが、年齢と共に衰退
してきます。エラスチンやヒアルロン酸も減少していく一方なので
年を重ねればパサパサのカッサカサの真皮になっていきます。
肌の弾力がなくなりシワができたり、たるみが出てきたりします。

 

年を重ねれば減少していきますが、他にも紫外線のダメージでコラーゲンは減っていきます。
暴飲暴食や無理なダイエットをしたりすると、新しく作る細胞にダメージを与え
コラーゲンが減少していきます。肌に影響するので気をつけましょう。

 

・活性酸素が増える
体に必要な活性酸素ですが、増加すればするほど体に影響を与えます。
呼吸をするだけで活性酸素はできますが、抗酸化の力を借りてバランスがとれています。
しかし、年を重ねると抗酸化の力が弱まりどんどん体や肌を傷つけます。

 

呼吸以外にもストレス、紫外線、喫煙などの原因で増えていきます。
紫外線予防や生活の見直しなどで増加を防げるでしょう。

 

・ターンオーバーのリズムの乱れ
肌が新しく変わる大切な課程をターンオーバーと言います。
簡単にいうと奥に溜まった老廃物をそのまま浮き上げて落としてくれるということです。
ターンオーバーのサイクルは年代によって変わります。
20代が約28日が標準ですが30代になるとどんどん遅くなってきます。

 

遅くなるとどうなるのでしょうか?
それは老廃物が浮き上がらず奥の層に溜まったままになります。
ニキビが治りにくく、痕が残ったりするのもこの原因です。
他にも小ジワやシミなどの肌老化の原因を発生させます。

 

年を重ねればターンオーバーは遅くなりますが、他にも
ストレスや睡眠不足、正しくないスキンケア法などもあげられます。

 

スキンケアの1つに、保湿性たっぷりで潤い肌を実現できるフィトリフトオールインワンジェルがあります。
オールインワンタイプでありながらその機能性に注目が集められています。

 

 

規則正しい生活と共に紫外線予防や正しいスキンケアをすることで
肌老化を防ぐことができます。まずできることから初めてみましょう。

更新履歴
このページの先頭へ